• ホーム
  • コンセプト
  • セカンドオピニオン
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス

歯を抜かずに治せるかもしれません

  • ホーム
  • >
  • 歯を抜かずに治せるかもしれません
  • 文字
  • 大
  • 標準

大切な歯を残す方法とは

虫歯や歯周病を治療せずに放っておくと、最終的には歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。大阪市にある歯科医院「hdhc ふちはた歯科(元アッシュデンタルヘルスケア)」では、 患者様の歯を可能な限り残すことを目指し、さまざまな治療法を提案しています。他院で「治療が難しい」といわれた方でも、あきらめずにアッシュデンタルヘ ルスケアに一度ご相談ください。

歯を残すための治療例

ケース1:一中程度の歯周病には歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周病はプラーク(歯垢)にすむ歯周病菌が歯ぐきに炎症をおこし、進行すると歯を支える顎の骨までも破壊し歯を失ってしまうことになってしまいます。それを避けるため、中程度の歯周病には「歯周ポケット掻爬(そうは)術」を行います。麻酔をかけて歯ぐきの歯周ポケットにたまったプラーク・歯石・感染した組織などを器具で取り除く外科手術です。

歯周病が進むと歯の隙間である歯周ポケットができます
歯周ポケットができると歯石やプラークが溜まりやすくなります
器具でプラークや感染した組織を取り除いていきます
歯周ポケットがなくなりひきしまった歯ぐきに戻ります
ケース2:重度の歯周病には歯周外科治療(フラップ手術)

歯周病の基本的な治療方法では改善できなかった場合に行う外科手術です。歯周ポケットを作り出している病巣がよく見えるように、歯ぐきを切開して、深い部分に残っている歯石や感染している組織を取り出していきます。

炎症を起こしている歯ぐきを切開します。
器具で歯石やプラークを取り除きます。
歯周病による炎症がが改善され引き締まった歯ぐきになります。
ケース3:悪化した虫歯には、マイクロスコープによる根管治療

虫歯菌によって歯の根の部分まで病巣が広がっている場合、根管治療で歯を残していきます。歯冠(肉眼で見える歯の部分)を削り、血管や神経が通っている管から虫歯菌に感染した歯髄(歯の神経)を完全に取り出します。そのあと、管内を消毒し薬を充填することで虫歯菌に再び感染しないように処置します。

虫歯菌が根の部分まで感染してします。
器具を使って歯冠から神経が見えるところまで削ります。
歯髄を完全に取り出します。
無菌状態になるよう処置したあと管に薬を充填します。

肉眼では見えづらい歯の根に対して治療を施す根管治療は、高い技術が必要です。当院では保険診療でマイクロスコープを用いた根管精密治療を行っています。高倍率の歯科用マイクロスコープで患部をピンポイントで見つけ出し、さらには治療を行うにあたって歯冠の削りすぎなどを防ぐことができます。歯をできるだけ残すことにも大きく貢献しています。

ケース4:根管治療では治りにくい場合は、歯根端切除術

根管治療での処置が難しい場合などに、根の先端を取り除く外科手術です。歯根端切除術は高度な技術と、拡大して患部を確認することができる歯科用マイクロスコープなどを使って、精度の高い治療を行っていきます。